マイフィンランドルーティン100

マイフィンランドルーティン100
 
 
サウナでビール片手にソーセージを食べる!
体が温まったら、目の前にある凍った湖に飛び込む!

“好き"を詰め込んだ、最高にピースフルなフィンランド旅をご紹介!

フィンランドに通い続けて、12年以上。
北欧好きをこじらせた女子が、フィンランドで経験した様々なことの中でも
一生続けたいと思えた、愛してやまない100個の本気のルーティンをご紹介。

食べて、飲んで、遊んで、買って、ゆるりとした時間を過ごして。
読んだら何度でも行きたくなる、どんどんフィンランドにハマっていく……!
フィンランドオタクによる、ディープな旅の楽しみ方を詰め込んだコミックエッセイ。


【contents】
Part1 食べる
顔より大きいシナモンロールを食べる/純度100%のフィンランド料理ビュッフェに行く/夏だけ現れる幻のカフェに行く etc.

Part2 飲む
ブルーベリーをアテに水辺で酒を飲む/1人でビールフェスティバルに行く/スーパーで棚中のビールを買い込んで飲み比べパーティを開く etc.

Part3 楽しむ
湖畔でキャンプ飯を作って食べる/コテージを借りて数日引きこもる/サウナの後は凍った湖に飛び込む etc.

Part4 買う
マリメッコを5店舗ハシゴする/フィンランドで靴を買う/蚤の市でレアな北欧アイテムを発掘する etc.

そのほか、自宅で作るフィンランドの定番レシピなどもご紹介!

創造力は「諦めたい衝動に耐えた時」に湧いてくる



何かを諦めることがいつも悪いとは限りませんが、さじを投げたくなった時にも背中を押してくれる言葉があります。その1つは、そういう時ほどよりクリエイティブになれる、というものです。

粘り強さが創造力に与える影響について調べたところ ある条件下で対象者に対しアイデアを出すよう指示し、別のグループに対象者のアイデアがいかに独創的であるかを評価してもらいました。

最も大きな発見は挑戦することで創造力が強化されるということでしたが、さらに興味深いのは、人は踏ん張っているときに自分たちのアイデアがどれほどクリエイティブであるか想像しにくいという事実です。

創造力は「諦めたい衝動に耐えた時」に湧いてくる

傷つけようとする人にどう対応するべきか



いずれにしても相手の批判に対して傷つかないためには、それが正当で有益 な批判なのか、それとも相手はあなたにただ不機嫌をぶちまけているだけなのかを慎重に見きわめることが肝心です。よい批判かどうかはどこで見きわめたらよいのでしょう?

それは相手があなたの人格に敬意を払っているか、言葉づかいにまごころが こもっているか、話の内容が明快で事実が正確に伝わってくるか、非難やさげすみの口調になっていないか、といったことでわかります。

批判する人はみな自分の価値基準や善悪の尺度でものを言います。それがあなたの価値基準や善悪のものさしにあっているかどうか調べてみましょう。 別に人のものさしを受け入れる必要はないのです。

自分の中では私はいつも世界一だと思う



世界の偉人の名言で英語を学びながら、そしてちょっとアドバイスや勇気をもらいませんか?

言葉には力があります。

古くから日本では「ことだま」という言葉がありますね。

昔の人は、言葉に魂がやどると考えていました。名言はたった数行の言葉の中に、何十年も、何百年も前に生きた人の魂を感じることができます。

英語の名言はとてもシンプルな表現が多いですが、そこにいろんな気持ちが込められていますし、英語を習得したい方にはとても参考になります。


世界一の人材になる為のマインドセット



ギグエコノミーはビジネス界に革命的な変化をもたらす――この潮流に気づいた著者は、自らギグワーカー(社外の優秀人材)を活用してみることにした。すると、予想を超える大きな成果が! ギグエコノミーで、人も時間もビジネスも、もっと自由になる。

最新記事
リンク