2020年10月のGoogleアップデートは、主にインデックスシステムの問題が絡んでます。

Google公式Twitter

翻訳: モバイルインデックスの問題は、9月上旬に始まり、インデックスの約0.2%に影響を与えましたが、今週の半ば頃から昨日遅くまで急上昇しました。それ以来、これらのURLの約1/4を復元し、さらに再処理を続けています。

翻訳: カノニカルの問題は、9月20日頃から昨日の午後4時30分頃まで、インデックスの約0.02%に影響を与えました。それ以来、これらのURLの約10%を復元し、さらに再処理を続けています。

翻訳: 最終更新:正規の問題は先週の水曜日に効果的に解決され、URLの約99%が復元されました。残りのエッジケースは1〜2週間以内に復元されると予想しています。

このように、2020年9月上旬から発生したインデックスシステムの問題により、Google検索に大きな影響が生じました。この問題の根本の原因は、モバイルインデックスと正規化の過程におけるものでした。最終的には、モバイルインデックスの問題が先に解決されたのち、正規化の問題が解決されました。結果的に、2020年10月20日付近に、インデックスシステムの問題がほぼ解消された形となります。ちなみに、この問題が発生してる間は、良質なサイトが突如インデックス削除されたり、ドメインパワーが強いサイトだけが上位化するなどして、連日検索順位が大きく変動しました。
 

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

今回のアップデートによって、「暮らし・結婚・恋愛」を筆頭に通常時よりも順位変動幅が大きくなってます。
また、「健康と医学」「財務、金融、法律」のYMYL系の変動も目立ちます。


タグ :