仕事と遊びに役立つPython活用術

仕事と遊びに役立つPython活用術

現在大人気の「Python」(パイソン)は、仕事にも遊びにも使えるプログラミング言語です。
本ムック「仕事と遊びに役立つPython活用術」では、仕事と遊びにPythonをどのように役立てるかを、
多数の具体例とともに解説しています。

  仕事での活用においては、まず、“Python×Excel”と“Python×PDF”にフォーカスしました。
仕事で使う2大ファイル形式と言えるExcelファイルとPDFファイルをPythonで扱う方法を紹介します。

  また、Pythonを通して新しいタイプの経済学を学ぶ記事や、
スクレイピングとデータ分析の方法を解説する記事も収録しています。

  一方、遊びでは、Pythonを使ってドローンを制御したり、ゲームを作ったり、
「ライフゲーム」や「群集シミュレーション」のプログラムを動かしたりします。

  Pythonは本当にいろいろなことが手軽にできる言語です。
皆さんの仕事と遊びに、ぜひPythonを役立てましょう!

≪目次≫

第1章 Python×Excel活用術
ファイルの読み込みからSQLite3連携まで解説!最強コンビをコラボさせて、作業を効率化しよう

第2章 Python×PDF活用術
PDFを操作できるライブラリ「pdfminer.six」と「PyPDF2」を使って、テキストや画像の抽出などに挑戦!

第3章 プログラミングで試しながら学ぶ新しい経済学
最適な安定マッチングと貧富の差のシミュレーション

第4章 Pythonでスクレイピング&データ分析
フリマサービスから価格情報を自動で抜き出して、商品の“買い時”を分析

第5章 「Tello EDU」でドローンプログラミングを体験しよう

第6章 Pythonでコスパ最高!プログラミング
「ライフゲーム」と「群集シミュレーション」を楽しもう

第7章 PygameZeroゲームプログラミング入門
Pythonで一番簡単にゲームが作れる!

第8章 ラズベリーパイでゲームを作ろう
電子工作でコントローラーも自作!

第9章 iOS/AndroidでPythonプログラミング!

第10章 目指せ!Python脱初心者


 
 

Python ドキュメント・ハンドリング・リファレンス  Excelファイル編 オフィス仕事を自動化するための基本ツール集

Python ドキュメント・ハンドリング・リファレンス 
Excelファイル編
 
オフィス仕事を自動化するための基本ツール集

ビジネス・経済スキルでAmazonランキング1位、プログラミングで2位、実践経営・リーダーシップにて3位を獲得いたしました。どうもありがとうございます。

この本はPythonを使ってオフィス文書(Excelファイル)を扱うためのリファレンスで、「Pythonドキュメント・ハンドリング・リファレンス」の分冊版です。 テキスト、Word、PDF、CSVファイルを扱う事をご希望の場合は他の分冊版「テキストファイル編」「Word・PDF・CSVファイル編」または、統合版をご利用ください。

本書はリファレンス本ですので説明、解説やサンプルスクリプトは最小限となっています。 詳細解説は他の書籍やネットの情報を参照してください。

対象読者はオフィスでの仕事を自動化しようと考える一般事務仕事をされている方です。 プログラマー等のIT系のお仕事をされている方ではありません。 Pythonの基本に関しては他の多くの書籍やネット上の情報が豊富ですのでそちらを参照していただければこの本の内容はすぐに理解できます。 この本の内容自体もドキュメント・ハンドリングの基本的なものとなっていて難しいものではありません。

詳細な解説とサンプルスクリプトがご希望の方には下記の書籍を推薦いたします。
「退屈なことはPythonにやらせよう」Al Sweigart 著 相川 愛三 訳 オライリー・ジャパン

※上記では日本語の扱いに関する部分が不足しておりますが、本書では日本語での処理も網羅しています。
※また基本的な落し穴を避けてツールを使用できるように注意して記述しています。
※長いサンプルスクリプトでなくターミナルで簡単に確認できるようにし要点が分かり易いようにしています。
※Windows10上で使用する事を想定しています。
※Python3系を想定しています。


Excelシートの扱い方
1) エクセルシートの扱いの手順
2) ワークブックの読み込みopenpyxl.load_workbook(ファイル名)
3) シートの名前一覧の確認 get_sheet_names()
4) シートの読み込み get_sheet_by_name(シート名)
5) シート中のセルを取得 sheet[セル名] ※sheetは任意名
6) セルの値を取得 sheet[セル名].value ※sheetは任意名
7) セルの値を取得 sheet.cell(raw = y, column = x).value
8) セルの列、行、位置情報を取得 sheet[セル名].row, column, coorinate
9) 列の番号と文字の変換 get_column_letter(), get_index_from_string()
10) シートのサイズを知る sheet.max_row, sheet.max_column
11) 複数のセルを取得する
12) Excelワークブックの作成 openpyxl.Workbook()→save(ファイル名)
13) シートの作成 create_sheet(名前, 作成位置)
14) シートの削除 remove_sheet()
15) セルに値を書き込むsheet[セル名] = 文字列 ※sheetは任意名
16) セルに数式を書き込む sheet[セル名] = 数式 ※sheetは任意名
17) セルの計算値を読み込む load.workbook(ファイル名, data_only = True)

 
 

「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ

たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書

「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ――

作業そのものをゼロにしてしまう“究極の効率化”を実現するExcel VBAのポイントと、毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみの作り方をかつてないアプローチで解説した定番書がリニューアル。

大量の書類作成の自動化、イミディエイトウィンドウによる効率的なデバッグなどの話題を追加し、画面をすべてOffice 365+Windows 10に刷新しました。

300社5000人の指導実績に裏打ちされた、実務直結のExcel入門決定版!


(こんな方におすすめ)

・Excel作業のミスや時間の浪費をゼロにしたい方

・RPAを導入する以前のレベルで業務を効率化したい方


(目次)

はじめに 「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ

第1章 3日かかった作業が1秒で終わる衝撃

  毎日同じ作業に2時間かけていた若手社員の悲劇と感動

  時間がかかる作業は「なぜ」時間がかかるのか

  まずはExcel作業を自動化する「手順書」を読んでみよう

  最初にやっておくべき設定

  いきなり自動化してみる超クイックガイド

  Excel自動化のために最初に一度だけやっておくべき設定の「理由」

第2章 基本にして最重要 ―― 「表作成」の自動化で仕事は劇的に速くなる

  まずは超基本から ~セルへデータ・数式・関数を入力する

  Excel作業に時間がかかる原因を解消してくれる最強の呪文 ~「反復」のFor Next構文

  セルは「どのシートのセルか」まで指定する ~シートの指定方法

  わかりやすくするために押さえておきたいこと

第3章 複雑な問題も、小さく分解すれば、1つずつのシンプルな要素にすぎなくなる

  処理を自動化する知識を身につけるために押さえておきたいこと

  見やすい表を作るための作業をラクにする ~セルの書式設定

  セルを自在に操るには

  シートの処理を自動化するには

  入力の練習をしてみよう

第4章 どんな仕事も計画の「実行」と「検証」ができればうまくいく

  問題の原因はいつも似通っている ~問題解決をスムーズにする着眼点

  問題をあぶり出す技術 ~「試行錯誤」はむやみにやればいいというものではない

  無用な手間をなくす大切なリスクヘッジ ~変数宣言の必要性を理解する

  わからないことの調べ方 ~自動記録とヘルプを使いこなす

第5章 面倒なルーティンワークを自動化するための具体的プロセス

  「その都度入手するブックに対して毎回同じ処理を行う」場合の考え方

  Excel作業自動化ツールの超具体的な作成手順

第6章 大量のフォルダやファイルの処理も瞬殺する自動化ツールの作り方

  大量のブックを開いて閉じての繰り返し……という作業も1クリックで片づける方法

  「毎月同じようなファイルを何個も作る単純作業がもういやだ!」 ~ファイルの大量作成を自動化する

7章 大量の書類を一括して処理する

  請求書の作成を自動化するには

  シートを削除するロジックの考え方

第8章 顧客情報の入力がしづらい、見づらい……を解決する ~ユーザーフォームの基本

  なぜ、顧客データExcelは管理しづらくなるのか?

  自作の入力フォームをかんたんにつくる具体的手順

  チェックボックスやプルダウンメニューも自由自在に

  入力内容をシートへ転記する

  入力項目の数が非常に多くて大変な場合はどうするか

第9章 「保存せずにファイルを閉じちゃった……!」という悲劇をなくす ~イベント処理

  うっかりミスを防ぐ仕組みの作り方

  かゆいところに手が届く処理のポイント

第10章 全体像の整理とこれからのために知っておきたいこと

  実際に読み書きするVBAという言語の全体像

  本文で解説していない2つのサンドイッチ構文

  変数について理解を深める

 
 

日経ソフトウエア 2021年 7 月号

日経ソフトウエア 2021年 7 月号

2021年7月号には、人気書籍のエッセンスをまるっと収録した「うかる! 基本情報技術者[午後・アルゴリズム編]2021年版 ダイジェスト版」が付いてきます!

★★★極厚冊子付録つき! ★★★

【極厚冊子付録】うかる! 基本情報技術者[午後・アルゴリズム編]2021年版 福嶋先生の集中ゼミ ダイジェスト版

基本情報技術者試験は、国家試験「情報処理技術者試験」の1つです。
この試験の【午後試験】で問われる「アルゴリズム分野」を、先生と学生の対話形式でやさしく解説しています。
同名書籍のダイジェスト版をお送りします。


★★★渾身の「超」強力特集群! ★★★

【特集1】Pythonプログラムを高速化!

本特集では、「マルチプロセス」や「マルチスレッド」の技術を使って、Pythonのプログラムを高速化する方法を紹介します。
基本的な概念の説明から始まり、各種ライブラリの使い方を解説。
そして仕上げに「マンデルブロ集合」を描画するPythonのプログラムをマルチプロセス化して、その高速さを実感してもらいます。


【特集2】Pythonで「強化学習」を学ぶ   ~「試行錯誤で賢くなるAI」を体験~

強化学習という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
強化学習とは、簡単に言えば、「よい結果が得られる出力を“試行錯誤"で見つけるアルゴリズム」のことです。
この特集では、ゲームプログラムを例に、強化学習の基礎を解説していきます。


【特集3】ScratchでAI手品   ~シカケは「画像認識」と「音声認識」~

教育用プログラミング言語「Scratch」で機械学習プログラミングを行い、手品のアプリケーションを作ります。
Scratchは小中学生~高校生をターゲットにした楽しくプログラミングを学べるツールですが、「拡張機能」を使うことで、専門知識を一切必要とせずに機械学習アプリケーションを作成できます。


【特集4】Pythonでデータの「名寄せ」処理

表記ぶれとは、同じ事物であるにもかかわらず、異なる表記で記述されていることを指します。
表記ぶれのあるデータをそのままにして整理/統合してしまうと、データの一貫性が取れません。
本稿では、この問題を解決する手法として「形態素解析」という手法を利用し、表記ぶれのデータを「名寄せ」する方法を解説していきます。


【特集5】ゲームボーイで動くゲームを作ろう 第1部

初代ゲームボーイ実機で動く「落ちものパズルゲーム」を自作する方法を解説します。
ソフトウエアはもちろん、最終的には、ゲームボーイに挿入するカートリッジも自作します。


【特集6】データサイエンス時代のSQL データ分析編

前回の基本編では、Python+SQLiteを利用して、データベースとSQLを使うプログラミングの初歩を解説しました。
今回のデータ分析編では、基本編の知識をベースに、データ分析でSQLを活用する方法を紹介します。


【特集7】「micro: bit v2」で楽しいプログラミング

「micro: bit」(マイクロビット)は、イギリスのBBCが主体となって開発した教育向けシングルボードコンピュータです。
そのmicro: bitのの新バージョン「micro: bit v2」が発売中です。
この特集では、v2で新たに搭載されたマイクとスピーカーを活用した作例を紹介します。
お子さんの夏休みの課題にいかがでしょうか?


【特集8】あなたもVTuberになれる!

本特集では、手軽に使えるAI実行基盤「Google Colaboratory」を使って、姿勢推定技術を実際に自分の身体で体感します。
その後、少し変わった応用例として、自分自身をバーチャルなキャラクター(バーチャルYouTuber: VTuber)に変身させるという使い方を試してみたいと思います。


【今号からの新連載! 】
・最新! PHP 8で始めるWebプログラミング         「XAMPPでPHP 8のプログラミング環境を導入しよう」

【好評連載陣! 】
・Pythonで楽しむ身近なアルゴリズム             「お釣りの硬貨の枚数を最小にする」
・ゲームプログラミング質問箱                 「誘導弾の動かし方/派手な爆発エフェクト」
・Pythonライブラリ徹底攻略                   「データ分析・整形に使うpandas(その1)」
・プログラミングで理解する「数学」             「物理シミュレーション」
・ビジネスパーソンのExcel VBA再入門             「グラフを操作してみよう」

 
 

EXCELで簡単プログラミング プログラミングを知らない ビジネスパーソンのためのプログラミング入門

EXCELで簡単プログラミング
 
プログラミングを知らない
 
ビジネスパーソンのためのプログラミング入門

Excel業務を自動化しながらプログラミングも学んでしまえ!
いよいよ小学校でも必修となったプログラミング。この際、ビジネスシーンで最もなじみのあるExcelを使って基礎知識だけでも身につけておこう。
いま人気のPythonについてもざっくり説明。

 
 

最新記事
リンク