人生での最大の後悔




ルー・ホルツ (Lou Holtz ) / ルイスレオホルツ (Louis Leo Holtz )(1937年1月6日生)は、元アメリカンフットボールプレーヤー、コーチ、アナリストです。 彼はアメリカの様々な大学でキャリアを記録しました。 1988年のホルツのノートルダムチームは、フィエスタボウルで12対0で勝利し、コンセンサスナショナルチャンピオンになりました。 ホルツは、6つの異なるタイトルゲームに導いた唯一の大学フットボールコーチであり、4つの異なるタイトルの最終的にトップ20ランキングに導いた唯一のコーチです。 高齢にもかかわらず、豊かなユーモアと経験があるルー・ホルツ氏の演説の中で、人生の教訓を得ることができます。英語の勉強の面から見ると、聞き取りにくい発音、文法的に合わない文がありますが、全体的な面で人を魅了する彼の話し方とコミュニケーション力を今回の演説で学ぶことができる良い機会になるでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク