生まれた環境で子供の未来は決めないように





アメリカの少年鑑別所で研究者として勤務していた彼は、鑑別所に入ってくる少年達を見ながら感じたアメリカの公立教育の問題について話をする映像です。 差別的な政府支援金、公立教育の劣悪な環境、それにもかかわらず教育に関する厳格な社会的基準など、彼が話している中で共感する部分がありました。日頃学校が終わってからも、塾などに行く多くの子供達を見ている日常ですが、私達の学校教育は、良く実行されているのかを考えさせられる映像でした。彼の話を聞いてみましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク