ついにテスラから限定配信が始まった FSD (Full Self-Driving - フル自律運転) の自動運転システムの一般ベータ版! でも、その自動運転への取り組みは、他のどの企業からも違う、圧倒的に違う、のが知られていない。 この市販車で使える、世界で最も進んだシステムは、何故こんなにも独特なのだろうか? そこには、明確な理由がある。 今までは、話しや想像の世界だったのが、一般ユーザーが公道で実際に自由に使っている。 これは、クルマの世界にとって、全世界の未来にとって、どんな意味があるのだろう? テスラは、どうやってこの自動運転という技術を、より良い未来のために作るのか? 今回は、その技術的な解説ではなく、テスラの企業戦略や、目指す近未来がわかる様にお話ししています。 テスラ以外の自動運転への開発は、特に自動車メーカーの取り組みは、あまりにも遅すぎて。 コンセプトの枠をなかなか出られない企業ばかり。 レベル3へ、レベル4へと、どのように進んだら良いのか明確でない取り組みばかり。 この取り組みの違いを、あの誰でも知っているテクノロジーに例えるとわかりやすい。 さて、誰も話さなかったテスラの意図!是非、知ってください!
タグ :