一人のアメリカ人高校生が、現在のアメリカの教育現場を批判する自分の詩を朗読する映像です。

学生の詩を読みながら、以前どこかで見た絵を一つ思い出しました。 ライオン、ウサギ、カエル、猿、魚が木登りの試験を受けているのを描写した絵でした。 その一度の試験で彼らの運命が決まるので、みんな一生懸命努力しますが、結局優勝者は決まっていて、その試験に落ちた残りの動物は敗北感を持ちながら生涯生きていくという絵でした。

学校が生徒達に何を教えるべきかを考えさせている絵でした。
詩の朗読を聞くと、まるで歌を聞いているようです。 詩の韻律を合わせなければならないので、普段あまり見られない単語を見ることができ、ニュアンス的な理解が必要なので、単語の意味も拡大解釈されます。 彼の詩の朗読を聞いてみましょう。


タグ :