PythonでExcelプログラミング入門

PythonでExcelプログラミング入門

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation; DX)とはテクノロジーによって人々の生活が豊かになっていくことです。特にICT技術を使って、デスクワークをオートメーション化する、RPA(Robotic Process Automation)が導入されつつあります。定型業務の中には80%の時間短縮効果があり、生産性向上のが期待できます。本来ならばRPAを学習するのですが、エクセルに標準に付属しているVBA(Visual Basic for Applications)を使って定型業務を効率化すれば生産性の向上が可能となります。しかし、エクセルに付属しているVBAでできることは多いのですが、最近注目されつつあるPythonを使って、データを扱うことができれば、通常のプログラムの一部として、エクセルファイルを扱うことができます。簡単なところやボタン表示などのGUIは、Pythonで作るのは面倒なので、このあたりはVBAにまかせて、少し複雑なプログラミングの得意なところをPythonにまかせてしまいましょう。

 PythonはディープラーニングなどのAIやデータサイエンティストの力がIT技術者やエクセルなどを扱う人には必須条件となるでしょう。

 Windows10 Python3.9.0 Excel2016で動作確認しています。Pythonのライブラリはopenpyxlとwin32comを用いています。VBAに慣れている人はwin32comが取っ付きが良いと思われます。

目次

まえがき・・・・・5


1.PythonからExcelを操作する・・・・・6
 1.1 Pythonのインストール
 1.2 Pythonのライブラリのインストール


2. プログラミング・・・・・14
 2.1 "Hello World"の表示
 2.2 入力の2倍を計算して表示する
 2.3 余りを計算する
 2.4 インクリメント演算子のように
 2.5 ビット演算
 2.6 2進数、8進数、16進数
 2.7 実数の計算
 2.8 練習問題


3.分岐と繰り返し・・・・・78
 3.1 if文を使ってみよう(if文-1)
 3.2 if文を使ってみよう(if文-2)
 3.3 while文を使おう。
 3.4 for文を使おう。(for-1)
 3.5 break文を使おう。(for-2)
 3.6 for文を使おう。-2(for-3)
 3.7 練習問題


4. 配列・・・・・117
 4.1 配列を使ったプログラム
 4.2 配列を使ったプログラム-2
 4.3 配列を使ったプログラム-3
 4.4 配列を使ったプログラム-4
 4.5 配列を使ったプログラム-5
 4.6 ファイルに入出力
 4.7 練習問題


5. 文字列・・・・・175
 5.1 文字を使ったプログラム-1
 5.2 文字を使ったプログラム-2
 5.3 文字を使ったプログラム-3
 5.4 文字列を取り扱う。-1
 5.5 文字列を取り扱う。-2
 5.6 練習問題


6.関数・・・・・219
 6.1 関数を取り扱う。
 6.2 関数を取り扱う。-2
 6.3 練習問題


7. グラフを描く・・・・・255
 7.1 グラフを描く
 7.2 PDFで出力


8. 参考文献・・・・・261

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク