その仕事、自動化できます

その仕事、自動化できます

自動化を考えるとき、避けて通れないのが「コンピュータの目線」で考えることです。コンピュータは多くのことができる一方で、1つ1つの命令でできることは限られています。このとき、人間が考える「何を実現するか」を指示するのではなく、コンピュータで「どう実現するか」を考えなければなりません。このように、「何を実現するか」という視点から、「どうやって処理を行うのか」という視点に変え、それぞれの処理内容を1つずつ考え、プログラムとして書かなければなりません。プログラミングや自動化を考えるときに重要なのは、人間が行っている作業をそのままコンピュータで実行させてはいけない、ということです。索引を作成する、という作業を考える前に、コンピュータを使う時点で、そもそも索引を作成する必要があるのか、ということを考える必要があります。
この本で取り上げる自動化などのテクニックも、どんどん試してみることをおすすめします。最初からうまく動くことなど滅多にありませんが、試さないとどんな問題があるのかすら気づきません。
ぜひ、本書の内容を参考に、手を動かして試していただければと思います。そして、他の方法はないか、と考えていただけると嬉しいです。

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク