日経ソフトウエア 2021年 7 月号

日経ソフトウエア 2021年 7 月号

2021年7月号には、人気書籍のエッセンスをまるっと収録した「うかる! 基本情報技術者[午後・アルゴリズム編]2021年版 ダイジェスト版」が付いてきます!

★★★極厚冊子付録つき! ★★★

【極厚冊子付録】うかる! 基本情報技術者[午後・アルゴリズム編]2021年版 福嶋先生の集中ゼミ ダイジェスト版

基本情報技術者試験は、国家試験「情報処理技術者試験」の1つです。
この試験の【午後試験】で問われる「アルゴリズム分野」を、先生と学生の対話形式でやさしく解説しています。
同名書籍のダイジェスト版をお送りします。


★★★渾身の「超」強力特集群! ★★★

【特集1】Pythonプログラムを高速化!

本特集では、「マルチプロセス」や「マルチスレッド」の技術を使って、Pythonのプログラムを高速化する方法を紹介します。
基本的な概念の説明から始まり、各種ライブラリの使い方を解説。
そして仕上げに「マンデルブロ集合」を描画するPythonのプログラムをマルチプロセス化して、その高速さを実感してもらいます。


【特集2】Pythonで「強化学習」を学ぶ   ~「試行錯誤で賢くなるAI」を体験~

強化学習という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
強化学習とは、簡単に言えば、「よい結果が得られる出力を“試行錯誤"で見つけるアルゴリズム」のことです。
この特集では、ゲームプログラムを例に、強化学習の基礎を解説していきます。


【特集3】ScratchでAI手品   ~シカケは「画像認識」と「音声認識」~

教育用プログラミング言語「Scratch」で機械学習プログラミングを行い、手品のアプリケーションを作ります。
Scratchは小中学生~高校生をターゲットにした楽しくプログラミングを学べるツールですが、「拡張機能」を使うことで、専門知識を一切必要とせずに機械学習アプリケーションを作成できます。


【特集4】Pythonでデータの「名寄せ」処理

表記ぶれとは、同じ事物であるにもかかわらず、異なる表記で記述されていることを指します。
表記ぶれのあるデータをそのままにして整理/統合してしまうと、データの一貫性が取れません。
本稿では、この問題を解決する手法として「形態素解析」という手法を利用し、表記ぶれのデータを「名寄せ」する方法を解説していきます。


【特集5】ゲームボーイで動くゲームを作ろう 第1部

初代ゲームボーイ実機で動く「落ちものパズルゲーム」を自作する方法を解説します。
ソフトウエアはもちろん、最終的には、ゲームボーイに挿入するカートリッジも自作します。


【特集6】データサイエンス時代のSQL データ分析編

前回の基本編では、Python+SQLiteを利用して、データベースとSQLを使うプログラミングの初歩を解説しました。
今回のデータ分析編では、基本編の知識をベースに、データ分析でSQLを活用する方法を紹介します。


【特集7】「micro: bit v2」で楽しいプログラミング

「micro: bit」(マイクロビット)は、イギリスのBBCが主体となって開発した教育向けシングルボードコンピュータです。
そのmicro: bitのの新バージョン「micro: bit v2」が発売中です。
この特集では、v2で新たに搭載されたマイクとスピーカーを活用した作例を紹介します。
お子さんの夏休みの課題にいかがでしょうか?


【特集8】あなたもVTuberになれる!

本特集では、手軽に使えるAI実行基盤「Google Colaboratory」を使って、姿勢推定技術を実際に自分の身体で体感します。
その後、少し変わった応用例として、自分自身をバーチャルなキャラクター(バーチャルYouTuber: VTuber)に変身させるという使い方を試してみたいと思います。


【今号からの新連載! 】
・最新! PHP 8で始めるWebプログラミング         「XAMPPでPHP 8のプログラミング環境を導入しよう」

【好評連載陣! 】
・Pythonで楽しむ身近なアルゴリズム             「お釣りの硬貨の枚数を最小にする」
・ゲームプログラミング質問箱                 「誘導弾の動かし方/派手な爆発エフェクト」
・Pythonライブラリ徹底攻略                   「データ分析・整形に使うpandas(その1)」
・プログラミングで理解する「数学」             「物理シミュレーション」
・ビジネスパーソンのExcel VBA再入門             「グラフを操作してみよう」

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク